今度こそ助っ人当たり枠になるか!?期待大の新外国人ジャスティン・スモーク内野手

スポンサーリンク
セ・リーグ
PHOENIX, AZ - FEBRUARY 19: Justin Smoak #12 of the Milwaukee Brewers poses during the Milwaukee Brewers Photo Day on February 19, 2020 in Phoenix, Arizona. (Photo by Jamie Schwaberow/Getty Images)

伝統の巨人軍。高橋監督が退任し、第三次原政権が発足してから2019年・2020年とセリーグ連覇が続いています。

しかし肝心の日本シリーズはソフトバンクホークスに2年連続敗退。しかも4タテ×2の8連敗という屈辱の日本シリーズ新記録を期してしまいます。

2021年雪辱を誓う首脳陣は投打に大幅なテコ入れをします。

その中で助っ人外国人として期待されている選手がジャスティン・スモーク、その人です。

スポンサーリンク

●ジャスティン・スモーク選手情報

簡単にジャスティン・スモーク(以下J・スモーク)選手のご紹介をします。

本名はジャスティン・カイル・スモーク。

1986年12月5日産まれで現在34歳。アメリカ合衆国出身です。

身長193cm、体重99kgの恵まれた体躯を持ちます。

内野手としては珍しい左投げであり、打席は両打ちのスイッチヒッターと外国人としては異色の選手です。

ただ、実績は十分過ぎるほどでメジャー時代の2010〜2020年にかけ実に196本もの本塁打を放っています。

●プロ入りからメジャーまでの実績

本来左利きですが野球を始めた当初は右打ちでした。

左バッター有利の父の教えを受け10歳ごろから両打ちのスイッチヒッターに転向しています。

大学時代の活躍が特に目覚ましく、4年に一度開催される南アメリカ大陸の競技会「パンアメリカン競技大会」の第15回大会において、アメリカ代表として選抜されています。

特にその両打ちはメジャー歴代のスイッチヒッター達と肩を並べると評されました。

●メジャー時代の実績

2010年度のメジャードラフトで第1位(全体11位)という圧倒的な順位でテキサス・レンジャーズに指名されます。

ただシーズン途中にいきなり大型トレードに巻き込まれる形でシアトル・マリナーズへ移籍します。
2012年途中まで在籍していたイチローとは3年間チームメイトでした。

Swing Away: Ichiro can hit anything. Really, anything.

ルーキーイヤーは打率こそ.218と振るいませんでしたが、100試合に出場し本塁打13打点48と大気の片鱗を見せます。

マリナーズには5年在籍し、4年連続100試合出場、二桁本塁打の活躍を見せますが2014年ウェバー公示を経てトロント・ブルージェイズに移籍します。

J・スモークのキャリアハイはブルージェイズでのレギュラー起用から始まりました。

2015年に移籍するといきなりファーストレギュラーで起用され、自己最多タイの132試合に出場します。
ただ移籍直後ということもあり打率.226本塁打18打点59とやや物足りない成績に終わります。同年自身初のポストシーズンに挑みますが、結果は8打数無安打でした。

Smoak belts a walk-off two-run shot in 10th

2017年J・スモークは突如として覚醒します。開幕から本塁打を量産し、自身初のオールスター出場も果たします。最終的に自己最多158試合出場、本塁打ダービー5位の37発を放ち90打点。打率.270と打撃三部門全てがメジャー時代のキャリアハイという充実した年になります。

TOR@OAK: Smoak launches a solo homer to center

ただメジャーのピークはこの年限りでした。翌年25本翌々年22本、打率も1割に迫るほど急下降します。
2年後の2019年オフにFAとなり、2020年はミルウォーキー・ブルワーズ、サンフランシスコ・ジァイアンツと渡り歩きますが、2020年9月22日にFAとなります。

●ジャイアンツでは5番ファースト起用

 

翌2021年1月7日に読売ジャイアンツと推定総額600万ドルの2年契約を結びます。

コロナ禍により来日は2021年3月29日と開幕ギリギリまでずれ込みます。隔離を経て4月半ばに一軍登録、4月27日に一軍昇格を果たします。

左投げということもありファースト固定の選手です。昇格当初は打順に試行錯誤していましたが、現在はサード岡本選手の後ろを打つ5番打者として定着しています。

●打撃スタイル

生来の左利きながら野球を始めた当初は打者不利の右打席を選択し、守備においては左投げの、しかも内野手を選択するなど、そのスタイルは異色です。

ただ父によりスイッチヒッターに強制されたこと。そしてメジャー通算196本塁打のフィジカル面から、3・4・5番の主軸を任せられるホームランバッターです。

評論家に懸念されていた確実性も、2021年6月7日現在100打数29安打.290と安定性があり、本塁打も7本と公式試合143換算で約30本ペースです。

【ハイライト】巨人交流戦初戦を制す!スモーク先制HR&ウィーラー逆転HRで「くるりんぱ!」【巨人×楽天】

●これから期待すること

一番の重責は巨人のファーストを守ることです。巨人のファーストは歴代の花形選手が名を連ねます。不振に陥った際にプレッシャーに耐えられるかどうか?メンタル面も課題です。

そして何よりファースト守備は原監督が自ら招いた中島選手や、右手親指骨折でショート守備に不安の残る坂本選手、何より不動の四番岡本選手の出戻りと、候補生が多くいます。
まず結果ありきのポジションです。起用されている今、結果を残し不動の地位を築く必要があるでしょう。

とは言え現状では四番岡本選手を避け、スモーク選手と勝負…とは行けない成績を残し続けています。

ファースト起用も25試合と2位の中嶋選手に10試合差をつけています。途中加入のハンデを加味すれば原監督の信頼は十分でしょう。

今後日本野球にうまく対応し本塁打を量産できるかが巨人優勝のカギを握るでしょう。

何より元日本ハムのセギノール選手に代表される、両打ち外国人は貴重です。

もしかしたら第二次長島政権下のマルちゃんことマルティネス選手の様な「代打の切り札」的立ち位置もしっくりくると思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました