【2021年】順位予想2021!パリーグ編

スポンサーリンク
セ・リーグ

コロナ禍で試合数が減った2020年とは違い、元々の143試合に戻る2021年のプロ野球界。
早速、パリーグの2021年順位予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

1位 ソフトバンク

1位は、誰も異論は無いと思いますが、ソフトバンクです。

ソフトバンクは、何と言っても選手層の厚さが桁違いな点が挙げられるでしょう。

また、名実ともに現役野手№1の柳田悠岐選手がいることも、かなりの高評価と言えるでしょう。

柳田悠岐選手がいるだけで打線の厚みが増しますし、後ろに控える選手も4番打者の可能性が高いので、柳田悠岐選手と勝負せざるを得ませんので、相手バッテリーからしたら脅威以外何物でもありません。

それだけでなく、ランナーに2020年の盗塁王であり連続試合盗塁世界記録保持者の周東佑京選手がいたら、相手バッテリーは気が気ではありません。

このように、2選手がいるだけでも充分な戦力ですが、他にも甲斐キャノンと呼ばれる強肩の甲斐拓也選手、怪我で悔しい思いをした絶対的なショートストップの今宮健太選手など、抜群の選手層を誇っています。

今年は一体何勝するのでしょうか?

2位 楽天

2位は、大リーグから田中将大投手を補強した、楽天です。

田中将大投手と言えば、大リーグ移籍前の成績は前人未到とも言える、1人で24もの貯金を作って球団史上初の日本一に貢献した立役者です。

そんな田中将大投手が復帰したことで、4位からAクラス入りすることは確実だと言えるでしょう。

また、新監督となったのがGM兼務にもなる石井一久監督で、それほどの手腕なのかは未知数ですが、田中将大投手を復帰させたのはかなりの手腕の持ち主であることは間違いないでしょう。

楽天が浮上するには、田中将大投手の貯金数が関係してくることは間違いありません。

3位 西武

3位は、破壊力抜群の打線を誇る西武です。

西武のカギを握るのは、間違いなく山賊打線の本領発揮です。

山賊打線に欠かせないのは、2019年の首位打者で「打てる捕手」の代表格である森友哉捕手、同じく本塁打王の山川穂高選手、同じく打点王の「おかわり君」中村剛也選手が、それぞれ2020年は不振に陥り、思うような結果を残すことが出来ませんでした。

この3人が機能するだけで、得点力は格段に上がりますので、上位進出が見えてくるでしょう。

4位 日本ハム

4位は、守備力がカギを握る日本ハムです。

日本ハムのカギを握るのは、ズバリ守備力でしょう。

とは言え、残念ながらメジャーから声が掛からなかった西川遥輝選手が残留しているのは、日本ハムとしてはプラスポイントです。

なぜなら、日本ハムの2020年のエラーの数はパリーグ断トツの数を記録したからです。

元々守備で勝つ野球だった日本ハムでエラーは命取りになるだけでなく、負けに直結してしまうので、上位へ浮上するためには原点に戻って守り勝つ野球をすることが重要でしょう。

打撃面では、中田翔選手・大田泰示選手は勿論のこと、一番カギを握るのは清宮幸太郎選手では無いでしょうか。

鳴り物入りで入団したものの、鳴かず飛ばずの記録ですので、今年こそは存在感を示して欲しいものです。

5位 ロッテ

5位は、2020年の2位からBクラス転落のロッテです。

2020年は若手の底上げで大躍進したロッテですが、この若手の活躍次第では上位に食い込める可能性は非常に高いのですが、若手は水物ですので活躍が未知数だというのが最大の欠点だと言えます。

とは言え、安田尚憲選手、藤原恭大選手などの若手の中でもより若手である選手の活躍があれば、充分Aクラスを狙える戦力ですので、期待は出来ます。

しかしながら、野球とは別の所で話題になってしまった清田育宏選手の問題もありますし、そういう意味でもあまり目立った活躍をしないと予想します。

6位 オリックス

6位は、2年連続最下位中のオリックスです。

打線の方は、得点力が十分見込める外国人選手の、ロメロ選手・ジョーンズ選手がクリーンナップを担えば、点数はかなり見込めます。

これだけ点数が取れる打線が揃っているだけに、問題は投手陣です。

投手陣で勝ち星が見込めるのが、2020年最多奪三振のタイトルを獲得した日本のエースに成長した山本由伸投手、2年連続開幕投手の山岡泰輔投手の二枚看板です。

逆に言ってしまえば、3番手以降の先発投手が揃っていないという課題を克服できれば、良い勝負は出来るでしょう。

とは言え、現状では二枚看板頼みなので、最下位から脱出出来ないと予想します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました