パ・リーグ

ソフトバンクホークス栗原陵矢選手の2021年について

ソフトバンクホークス栗原陵矢選手の2021年について

打率の向上

今年はレギュラーの座を確実な物とし全試合出場を目指しています。

キャンプ前の自主トレーニングは中村晃選手らとともに長崎で行いました。

キャンプ初日から、今年からヘッドコーチに就任した小久保コーチのやからティー打撃で指導を受けたり、王会長の指導を受けたりする等積極的な練習が見られました。

昨年はシーズンからいいところでのホームランを打ったり、特に日本シリーズでの最優秀選手に選ばられる活躍で目立った活躍でしたが、数字を見ると打率は243ともにややもの足りない成績でした。

小久保ヘッドコーチも初日の練習後の会見で打率240ではレギュラーにはなれないとのことでした。今年は打率向上を第一の目標として練習に励んでいます。

サードへの挑戦

キャンプ第一クールではサードに入り、キャッチャー登録で肩の強さもあると思いますが、守備の面でも果敢な挑戦をしています。

また自主トレ時からサードへの言及もあり現実になった形です。

現在ソフトバンクでは、松田選手の代わりは昨年までは牧原選手かグラシアル選手が入ってました。送球面では劣っていないと思われます。

松田選手は一昨年から休養のため数試合控えにまわることもあり、サードができれば守備面でも試合出場の確率を上げることができるということです。

ポスト松田について

昨年、日本シリーズ最優秀選手のインタビューでの最後の「アンパンマン」はインパクトがありました

明るい性格とともにいつも元気で松田選手に代わるチームのムードメーカーになるべくして積極的に動いています。

サードへの挑戦もその現れでもあります。

残念ながら、第二クールからチームの方針からファーストに入ってしまいましたが、打撃のレベルアップを優先させることになったものと思われます。

今年はホームランも昨年の17本から量産され、全体的なレベルアップが期待されます。