福岡ソフトバンクホークス

【2021年】福岡ソフトバンクホークスは何位になる?順位予想&徹底考察します!!!

コロナ禍で試合数が減った2020年のプロ野球界にあって、ソフトバンクの強さが際立った年になりました。

パリーグでは、2位の千葉ロッテに14ゲーム差をつけての圧勝劇。

日本シリーズでは、巨人に対して史上初となる2年連続4連勝を果たしての日本一。

異次元の強さを発揮しているソフトバンクの2021年の予想順位と考察をまとめてみました。

2021年ソフトバンク予想順位

2021年のソフトバンクの予想順位は、ズバリ1位です。

実は、工藤公康監督になってからのソフトバンクは、1位と2位にしかなってないのです。

また、圧倒的な強さでパリーグ制覇をしているイメージですが、工藤公康監督自身はパリーグ連覇をしたことがないのです。

だからこそ、2021年に掛ける思いは相当なものだと考えられますので、是が非でも1位になりたいと思うのです。

ソフトバンク予想順位の考察

ソフトバンクの予想順位を1位とした理由を、ご紹介します。

何と言っても選手層の厚さが、現在のソフトバンクの強さを物語っていると言えます。

二軍にいるメンバーだけでも、他のチームであれば一軍のスタメンだったり、先発ローテーションだったりといった選手が数多くいるため、スタメン選手がケガなどで登録抹消された場合でも、ある意味選び放題と言っても過言では無い位の選手層なのです。

その良い例が2020年にあり、打って走れて守れる走攻守三拍子揃った今宮健太選手が登録を抹消されたとしても、すぐ代理として川瀬晃選手や牧原大成選手がショートで活躍し、最も嬉しい誤算としては足のスペシャリストと言われた周東佑京選手の一番として独り立ちした大活躍だと言えるでしょう

このように、スタメンレベルの選手が登録抹消されても、すぐに代理の選手が登場するところがソフトバンクの強さで、、ベテランではあるものの実績抜群である内川聖一選手を1軍に上げる必要が無い程の戦力を誇っているのです。

それだけでなく、名実ともに現日本№1の選手であるギータこと、柳田悠岐選手がいるのも周囲からしたら頼もしいの一言です。

そんな選手層の厚さと、名実ともに№1の選手が揃っているからこそ、ソフトバングが優勝するのに死角無いと言えるのです。

ソフトバンクの注目選手

2021年ソフトバンクを優勝に導くために注目の選手は、柳田悠岐選手だとベタですので、シーズン100盗塁に期待がかかる周東佑京選手です。

理由としては、リードオフマンに定着して全試合に出場すれば盗塁数も増えますし、何と言っても単打が盗塁で二塁打になる脚力は、対戦相手からしたら脅威以外の何物でも無いと言えるでしょう。

また、2020年の周東佑京選手の初盗塁は開幕から31試合と言うことで、これがより前倒しされれば自ずと100盗塁、その先にはソフトバンクの優勝が見えてくると思います。

ソフトバンクの欠点

解説者によるソフトバンクの順位予想は、私もそうですがほとんどが1位を予想する人が多いです。

その理由は、先ほども挙げたように選手層の厚さなのですが、野球は水物でどれだけ戦力が揃っていても勝ちに繋がらないことはあるのです。

それを物語るのが、2020年のソフトバンクの5球団との対戦成績だと言えるのでは無いでしょうか!?

なぜなら、ソフトバンクが唯一負け越しているのが千葉ロッテなのです。

しかも、2019年も負け越しているため、2年連続で負け越しをしているのです。

では、ソフトバンクがなぜ千葉ロッテに負け越すのかについてですが、千葉ロッテの首脳陣を見ることでずと答えが出てくるような気がします。

井口監督を筆頭に元ソフトバンクの鳥越・吉井・的場と言ったコーチ陣がいることで、対戦相手であるソフトバンクの欠点を握っているように感じます。

つまり、ソフトバンクとしては千葉ロッテに勝ち越すことで、優勝に近づくと言っても過言では無いのです。

まとめ

2021年ソフトバンクの予想順位は、ズバリ1位で優勝です!

選手層の厚さを見る限り、太刀打ち出来るチームは無さそうに感じます。

唯一、千葉ロッテが対抗できそうですので、下克上を果たせるか期待しましょう。