【2021年】横浜DeNAベイスターズは何位になる?順位予想&徹底考察します!!!

スポンサーリンク
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球は2021年現在、無観客の中ではありますが無事にキャンプが開催されています。

今年も観客動員数などの制限があるとは思いますが、シーズンが無事に開催され日本シリー
ズ終了までの日程を終えられることを祈っております。

今回はオープン戦やシーズンが開催される前ではありますが、順位予想をしてみたいと思
います。

スポンサーリンク

2021年横浜DeNAベイスターズの順位

今回予想するチームは横浜DeNAベイスターズです。

2020シーズンの横浜DeNAベイスターズを振り返ると4位ではありましたが、投打でチー
ムの柱になる選手が出てきた印象もあり、2021年シーズンが非常に楽しみなチームです。

しかし今オフでは、チームを支えてきた梶谷隆幸や井納翔一が同リーグの読売ジャイアンツ
に移籍
し、同じくチームを幾度となく支えてくれた助っ人外国人のロペスとパットンが退団
したことはかなり痛手だと思います。

 

そんな中で2021年の横浜DeNAベイスターズの順位は・・・

 

3位だと考えます。

 

この順位に関しての考察については後に述べたいと思います。

2020年シーズンの振り返り(投打の軸となった選手紹介)

先程記入したように横浜DeNAベイスターズの2020年シーズンは4位という成績で結果
から見ればBクラスとなりました。

ラミレス監督になり5年目を迎えた2020年シーズンでしたが、56勝58敗6分という成績に終わりました。

首位の読売ジャイアンツとは12.0ゲーム差をつけられてしまう悔しい結果となってしまいました。

2020年シーズン順位表
(セ・リーグ)

チーム名成績ゲーム差
読売ジャイアンツ67勝45敗
阪神タイガース60勝53敗7.5
中日ドラゴンズ60勝55敗8.5
横浜DeNAベイスターズ56勝58敗12.0
広島東洋カープ52勝56敗13.0
ヤクルトスワローズ41勝69敗25.0

 

結果的に見れば4位という順位となりましたが、投打においてチームの成績に貢献したと
いえる選手を振り返りたいと思います。

投手においては2020シーズンが2年目であった大貫晋一です。

2018年ドラフト3位で入団した選手です。

1年目から15試合に登板し、6勝5敗という成績を残しましたが、防御率が5.00という数
字が残っております。

しかし2年目の2020シーズンは、19試合に登板し、10勝6敗防御率2.53という素晴らしい
成績を残しチームに貢献してくれました。

2020年シーズンの横浜DeNAベイスターズの投手陣は怪我人や不調だった選手が多くいた
中で存在感を残してくれました。

もちろん2021年シーズンも期待している選手です。

野手は2020年シーズンからキャプテンの佐野恵太です。

2016年ドラフト9位で入団した選手です。

2019年までキャプテンをしていて、チームの顔であった筒香嘉智に代わってキャプテン
となった2020年シーズン。

ラミレス監督からキャプテン+4番打者という重責を任されましたが、106試合出場で

打率3割2分8厘.ホームラン20本とインパクトを残したシーズンでした。

2021年もチームのキャプテンとして2020年よりも結果を残し、チームの勝利に
貢献してくれる活躍を期待している選手です。

 2021年シーズンの順位(考察編)

2021年シーズンの横浜DeNAベイスターズの順位について先程3位という順位を記述しました。

もちろんファンの願望としては優勝を期待したいですが、この順位予想した点に関しては理由があります。

2021年シーズンは『ハマの番長』というネーミングでファンからの親しみが深い三浦大輔新監督が指揮することになりました。

三浦新監督は2軍監督の経験もあり、現役時代にも選手とのコミュニケーションを大事にし
ていた方
なので、選手はより近い距離で接することができ雰囲気がよくなることを期待しています。

また投手出身という観点から投手陣の底上げや、新戦力となるような投手の育成にも期待しています。

監督1年目でオフシーズンに2020年シーズンの主力の選手たちが多く抜けた厳しい現状ですが、既存の戦力と新入団の選手の戦力をうまく組み合わせた采配を見せてほしいです。

期待を込めた言葉を述べてきましたが、監督1年目としていきなり結果を残せるとは思っ
ていません。

例えばシーズン前に怪我人が出る可能性もありますし、三浦監督が思い描いていた選手たちが活躍できなかった場合も考えられます。

現に2021年シーズンを迎えるにあたってセ・リーグの中で監督が代わったのは、横浜
DeNAベイスターズのみです。

他のライバルチームの監督たちは1年間経験しているメリットがあります。

しかし三浦新監督の強みとしては、2軍監督をしていたため采配をしていた経験があるの
と、2軍で共に戦っていた選手を知っているという点です。

この選手には将来性があり、1軍で使ってみたいと目をつけていた選手が少なからずいる
はずです。

逆に選手の視点からみれば、監督が代わり主力選手も退団したのでポジションを獲得する
チャンスが増え、キャンプからアピールをしていけば使ってもらえる可能性があります。

では、トータル的になぜ3位という順位にしたかというと・・・

投手も野手も戦力は整っているとはいえますが、これまで主力として戦ってきた選手たちが抜け、そのポジションの穴を埋められる選手がこの選手だ!という明確な選手がいないのが現状だからです。

もちろん昨シーズン活躍選手が今シーズン100%活躍できるかといったらその保証もな
いため、Bクラスという成績も考えられ、一方で監督が代わりこれまでなかなか出場機会に
恵まれなかった選手が飛躍し、チームが優勝するという可能性もあると思います。

今回順位予想をしてみて、現段階で3位という数字を予想しましたが、横浜DeNAベイス
ターズというチームは予想以上のポテンシャルを発揮する時もあれば、それ以下という可能
性も秘めた魅力的なチームです。

なので今シーズンも個人的には期待をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました