【茂木栄五郎】楽天イーグルス若き主将のこれまでとこれから

スポンサーリンク
東北楽天イーグルス

171 cm ・75 kgとプロ野球選手として決して恵まれた体格とは言えないですが、初球から1番バッターらしからぬフルスイングをするその姿は多くの東北のファン達を魅了しています。

2020シーズンからはキャプテンにも就任し、東北楽天ゴールデンイーグルスを背負って立つ茂木選手のこれまでの経歴とこれからの展望について考察していきます。

スポンサーリンク

【茂木栄五郎】学生時代の経歴(桐蔭学園高校→早稲田大学)

 

高校時代(桐蔭学園)

高校は神奈川県の名門、桐蔭学園高校に進学しています。

1年生の秋から4番サードに定着すると、1年秋の関東大会では本塁打を放つなど、早い段階から頭角を現していました。

2年の夏には打率.563と驚異の結果を残したものの、乙坂智(現DeNA)、近藤健介(現日ハム)が在籍していた横浜高校と準々決勝で対決することとなり、6-2で敗戦しています。

3年の夏には現在楽天でチームメイトとしてプレーする松井裕樹と対戦しており、2学年下の松井(当時1年)をマウンドから降ろすことに成功しますが、4-5で敗戦し、結局茂木は甲子園に出場する事は叶いませんでした。

大学時代(早稲田大学)

高校を卒業後すると、六大学野球連盟の名門・早稲田大学へ進学します。

大学でも1年の春からレギュラーの座に定着すると、正三塁手として打率.267、10打点という成績を残し、いきなりベストナインに選出されるほどの活躍を見せます。

3年の秋には打率.514を記録し首位打者、4年の春には打率.390、リーグトップの5本塁打、11打点を記録し2度目のベストナインに選出されています。

チームとしても6季ぶりのリーグ優勝を記録しています。

その後、大学日本代表にも選出されると、主に5番バッターとして打率.462をマークしチームの世界一の立役者となりました。

これらの活躍が評価され、2015年のドラフト会議で楽天から3位指名を受け、プロの世界へと足を踏み込むこととなります。

プロ入団後の活躍

学生時代は主に三塁手として出場していた茂木でしたが、入団当時サードにはウィーラー(現巨人)がいたため、主にショートとして試合に出場することとなります。

プロでも1年目から打率.278、ops.738と高い打率とパンチ力を見せつけ、スタメンの座を確固たるものとしています。

プロ5年間でopsが7割を下回ったシーズンは一度もなく、球界屈指の「打てる遊撃手」の地位を築いています。

その一方で、怪我の多い「スぺ体質」であり、シーズン140試合以上に出場したのは2019年のみとなっています。

特に2020年は、シーズン途中で怪我に見舞われ過去最少となる73試合出場にとどまっています。

その穴を新人・小深田が埋めるだけの活躍を見せましたが、2021年、楽天がAランクに返り咲くためには茂木のシーズン通しての活躍は必要不可欠ではないでしょうか。

今後の展望

入団後、正遊撃手の座を守り続けてきた茂木ですが、来シーズン以降もその席が確約されているわけでは決してありません。

楽天は近年、立て続けにFAで大型内野手の獲得を行っており、2019年には西武の主砲浅村を、2020年にはロッテのチャンスメーカー鈴木大地を獲得しています。

それに加え即戦力としてドラフトで小深田も指名しています。

FAの二人に関しては言わずもがなですが、小深田も1年目から怪我の茂木の穴を十分に埋め、高校生の黒川など将来有望な内野手も多く存在していることから、現在の楽天は内野の競争が非常に厳しい状態にあることは間違いありません。

ショートという非常に負担の大きいポジションを任されてきた茂木ですが、内野手の充実によって本職のサードにコンバートされれば、シーズンを通して怪我をせずにより高いパフォーマンスが期待できるかもしれません。

まとめ

高校時代から野球エリートとして活躍を続けてきた茂木選手。

楽天のハイレベルなポジション争いを勝ち抜いて、主将・茂木の活躍する姿を、8年ぶりの日本一を東北のファン全員が期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました